訪問入浴バイト(看護師さん向け)

1日単位で入れる看護師さんのバイトなら、訪問入浴バイトがオススメです。

看護師の訪問入浴バイトに必要な持ち物

2016年07月11日 14時59分

看護師の訪問入浴バイトに必要な持ち物は何?

訪問入浴バイトに必要な持ち物
訪問入浴サービスは看護師一人で行われるわけではなく、ヘルパーとオペレーターの3人で1組となって業務をこなしていきます。

しかし、一人ひとりに役割が与えられるため、訪問入浴バイトで必要となる持ち物を事前にチェックしておかなければなりません。

そこで、以下では訪問入浴バイトで役立つ持ち物リストを作ってみたので、看護師の方は仕事の前に一度確認しておいてください。
  • 医療器具:血圧計・カルテノート・聴診器・体温計・ドライヤー
  • 処置道具:ハサミ・爪切り・綿棒・テープ・タオルハンカチ
  • 小さな小銭入れ:財布はかさばるので面倒
  • 小さなゴミ袋:酒精綿や爪切りのゴミを入れるのに役立つ
  • 文房具:ボールペンやシャープペン、メモ帳などお客様の健康チェックで必要

このように訪問入浴サービスで訪問先へと行くに当たり、意外と用意しておく持ち物が多いことがお分かり頂けるはずです。

訪問入浴ではお風呂へと入れる前にお客様の健康チェックを念入りに行わなければならず、医療器具や処置道具は絶対に忘れてはいけません。

バイトである自分ではなく、ヘルパーやオペレーターが用意して訪問することも多いかもしれませんが、忘れ物がないように最終確認をするのは大事です。

どんな職場なのかは実際に業務をこなしてみなければ分からないものの、求人が多い就職支援サービスを利用すればたくさんの選択肢の中から選べます。

当サイトでご紹介しているMCナースネットならば人気職種が多数揃っているので、訪問入浴バイトを考えている看護師さんは一度利用してみてください。

houmon_mc.jpg
 

訪問入浴バイトは違う職種の人とのチームプレイが大事

訪問入浴バイトは違う職種の人とのチームプレイが大事だと考えられており、看護師だけではなくヘルパーとオペレーターの3人でサービスを提供するので当然です。

つまり、自分のケアレスミスで訪問入浴サービスに必要な持ち物を忘れてしまった場合、他の2人にも迷惑がかかるので注意しなければなりません。

訪問入浴での看護師の主な役割は以下の5つとなっています。
  • VSチェック衣服の着脱
  • お客様の移動
  • 入浴介助
  • 内科的な処置
  • 看護記録の記載

これらの役割をしっかりと果たせるように、訪問する前に持ち物の最終チェックを行ったり業務内容を再確認したりするのが大事だとお分かり頂けるはずです。

社員でもアルバイトでも基本的に一緒なので、人と人とが接する重要な業務を行っているという自覚を持ちましょう。

関連ページ