訪問入浴バイト(看護師さん向け)

1日単位で入れる看護師さんのバイトなら、訪問入浴バイトがオススメです。

看護師の訪問入浴バイトは大変?

2016年07月13日 00時06分

看護師の訪問入浴バイトは楽なの?それとも大変なの?

訪問入浴バイトは大変か?
訪問入浴バイトを行うに当たり、楽なのか大変なのか疑問を抱えている看護師は多いかもしれません。

今までは大手の病院で働いていたとしても、夜勤が辛くて訪問入浴サービスへと転職するという女性も増えています。

個人によって感じ方が異なるので一概には説明できないものの、以下では訪問入浴バイトの大変なところを幾つか挙げてみました。

  • お客様へと入浴サービスを提供するのでバスタブの準備をしなければならない
  • 支えたり動けない患者さんが9割以上なので体力的に厳しい
  • 多い時で1日に4軒以上のお宅を回ることもあり、想像以上に重労働なので腰痛で悩まされやすい
  • エレベーターのない都営住宅への訪問は特に辛い
  • 夏は暑くて冬は寒く、精神的なストレスを溜め込む看護師も多い
  • 麻痺を持った患者さんの衣服の着脱が大変
  • 医師の指示は受けられないので人工呼吸器を利用している患者さんの入浴には気を遣う


実際に訪問入浴バイトをしたことのある看護師さんの意見をまとめてみると、想像以上に大変な業務だとお分かり頂けるはずです。

人と人とが接する介護という仕事は確かに辛いかもしれませんが、「仕事が終わった後の達成感が大きい」「辛い代わりにやりがいがある」という意見も出ていました。

体力的にはキツくても日勤のみなので精神的にはどちらかと言うと楽ですし、女性でも体力に自信があれば訪問入浴バイトは十分にこなせます。訪問入浴バイトは何より時給が良いですからね。

当サイトでご紹介しているMCナースネットでは訪問介護やクリニック、保健師やツアーナースなど病院以外の人気職種の求人が多数用意されています。

看護師のための就職・転職支援サービスなので、自分にピッタリの職場を見つけたい女性はMCナースネットを利用してみてください。

houmon_mc.jpg

 

訪問入浴バイトの看護師は腰痛に注意しよう


訪問入浴バイトで働いている看護師さんの意見を見てみると、腰痛で悩まされている方が多いことが分かりました。

バスタブなどの重いものを複数人で運ばなければならないこともあり、腰を傷めて日常生活に支障が出ることもあるので腰痛のケアは大事です。
 

  • 毎日の生活の中で意識して姿勢の良い状態を保つ
  • 体幹のコアを形成するインナーユニットの働きを促すためにストレッチとトレーニングを日課にする
  • 寝返りの打ちやすさや正しい姿勢で眠れるように高反発マットを取り入れる
  • 痩せ過ぎは筋力の低下を招くので過度のダイエットはしないようにする


上記のような方法で腰痛を予防できるので、毎日の生活の中に取り入れてみてください。

関連ページ