訪問入浴バイト(看護師さん向け)

1日単位で入れる看護師さんのバイトなら、訪問入浴バイトがオススメです。

訪問入浴バイト体験談|医療現場と福祉の現場の違いを実感しました

2016年04月22日 11時53分

医療現場と福祉の現場の違いを実感しました…訪問入浴バイトの体験談(30代女性)

訪問入浴バイトの体験談
私は大学病院や民間病院で勤務してきた経験があったのですが、二人目の出産を機に看護師の仕事から離れていました。
下の子供の小学校入学を機に看護師の仕事に復帰しようと考えたのですが、長期間のブランクがあるため復帰に対して不安でした。
また、病院の求人ではブランクが壁になると聞いたことがあったので、週2回からOKという訪問入浴のアルバイトをすることにしたのです。

もちろん訪問入浴の経験はありませんから最初は不安でしたが、基本的に介護スタッフ2名と一緒に仕事をするので、問題なく仕事に少しずつ慣れていきました。
また訪問入浴における看護師の役割は、
  • 入浴前後のバイタルチェック
  • 着脱介助
  • 入浴後の処置・記録
なので、ブランクのある私でも仕事することができました。
ただ、看護師の仕事以外にも荷物を運んだり、浴槽を運んだりすることを手伝うため、30代の私としては体力的に辛いです。
(※訪問入浴バイトの業務内容は事業所により異なります。浴槽を運んだりしなくて良いところも)

それから病院でしか勤務したことがなかったので、入浴時の介助が素手というは看護師の常識として考えられませんでしたし強い抵抗を感じました。
それは、病院勤務している時に感染に関して注意が必要ということを学んでいたからで、医療の現場と福祉の現場の大きな違いに戸惑いを感じたことも確かです。
もし、私と同じように訪問入浴の単発アルバイトをしようと考えている方は、体力的にきついことや医療現場との違いがあることを知っておく必要があります。

このように大変なことや戸惑うこともありますが、利用者さんがお風呂を楽しみにして待っていてくれたり、感謝の言葉をかけてくれたりするので、訪問入浴の単発アルバイトをやっていて良かったと感じます。
また、時給が1,700円と看護師のバイトとしては高い点も嬉しいことです。1日平均して5軒から8軒程度の利用者宅を訪問するで、大体1日9,000から15,000円の収入になるので主婦としては助かります。常勤で働くとなれば大変でしょうが、私のように単発アルバイトなら家庭との両立もできますし、体力的にも問題なくこなせると思うのでおすすめの仕事です。
→その他の訪問入浴バイトの口コミはこちらにまとめました
 
とりあえず訪問入浴バイトを探すなら
▶▶「MCナースネット」を見てみる

関連ページ