訪問入浴バイト(看護師さん向け)

1日単位で入れる看護師さんのバイトなら、訪問入浴バイトがオススメです。

看護師の訪問入浴バイトの手順

2016年07月09日 08時46分

看護師の訪問入浴バイトの手順を心得ておこう

訪問入浴バイトの手順
高齢者や寝たきりの患者さんに行う訪問入浴サービスは、看護師・ヘルパー・オペレーターの3名1組で提供する形となります。

看護師の訪問入浴バイトはお客様の健康状態をチェックし、入浴の手助けを行うことなので看護師としての知識があれば初めてでもこなせるはずです。

しかし、お客様の心と身体をリフレッシュさせる重要な仕事ですし、事前にどのような手順で業務を行っていくのか心得ておかなければなりません。
  • 体温計のスイッチの入れ方が分からない
  • 自動血圧計の使い方がわからない

このような状態では、「本当に看護師さんですか?」とお客様から疑問を持たれてしまいます。

介護会社によって訪問入浴の手順には違いがありますが、大まかにどのような流れで進むのか看護師のバイトをしている方は確認しておきましょう。
 
  • 訪問:訪問する前に利用者の身体の状態をチェックし、作業上の注意点について申し送りを行う
  •  
  • 健康チェック:入浴する前に体温や脈拍、呼吸や血圧を測定してお風呂に入っても大丈夫な状態か確認する
  •  
  • 環境設備のチェック:身体が冷えないように室温調整をしたり、家具を移動させたりと入浴に適した環境を整える
  •  
  • 機材のセッティング:「水道の蛇口とホースを繋ぐ」「ボイラーでお湯を沸かす」「温度を調節する」「浴槽にお湯を溜める」とセッティングする
  •  
  • 入浴槽への移動:ご利用者が歩ける場合は看護師やスタッフが介助しながら負担の加わらない姿勢で浴槽へと移動させる
  •  
  • 入浴:「洗顔」⇒「洗髪」⇒「洗体」とケアし、身体を沈めてお湯に浸かってもらう
  •  
  • 機材の片付け:シャワーで全身を流したら入浴は終了で、機材を消毒液で洗浄して室内から全て運び出す
  •  
  • ​最後の健康チェック:入浴は身体の不自由な方にとって体力を使うので、最後に安静にさせてから血圧や体温を測って体調に変化がないかどうか確認する

大まかな手順はこのようになっており、バイトの看護師に加えてヘルパーとオペレーターが共同で作業していくのです。
→その他、訪問入浴バイトの業務内容はこちらをご覧ください。

訪問入浴サービスはお客様がプライベートな空間をより良い状態で過ごしてもらうために提供しており、バイトの看護師でも手順を完璧に覚えなければなりません。

訪問入浴バイトに限らず介護の仕事は肉体的にも精神的にも辛いものですが、人と接する仕事にはやりがいがあります。

・誰かの助けになりたい
・人の役に立つ仕事がしたい
・介護や福祉に興味がある
・未経験からでも訪問入浴バイトを始めたい

上記のような看護師には訪問入浴介護のバイトが適しており、当サイトでご紹介しているMCナースネットならばあなたのライフスタイルに合う職場を見つけられるはずです。

ご利用者の満足度が95%以上の転職支援サービスなので、詳細はMCナースネットの公式ホームページで確認してみてください。
 
訪問入浴バイトを探すなら
▶▶「MCナースネット」を見てみる

関連ページ